「JITAN BODY整体院 スマイルホテル東京綾瀬駅前院」つらい痛み・しびれ・歪みを根本改善

oshio1

こんにちは!JITANBODY整体院です。

今回は「腰痛」について皆様に役立つ情報を発信していきます(^-^)

腰痛とは?

お悩みランキング上位の症状

まず腰痛とはなんなのか?という所を説明させて頂きます。

 

腰痛の定義 「腰痛」とは疾患(病気)の名前ではなく、

腰部を主とした痛みやはりなどの不快感といった症状の総称になります。

一般に座骨神経痛を代表とする足の痛みを伴う場合も含みますと書かれています。

要するに腰だけではなく、足も含めた痛みも全て腰痛になります。

 

腰痛にも痛みが出た時期で施術方法やセルフケアも変わってきます。

日本では男性1位、女性2位と腰痛が原因でお悩みになられる方が多い症状で、

皆様一回は経験している症状ではないでしょうか?

 

ほおっておくとどんどん痛みは酷くなり、

痛みだけではなく痺れを感じるまでに至ってしますことがあります。

 

腰痛のことをしっかり知り、適切な施術を推奨します。

 

急性腰痛

急性腰痛とは発症期間が4週間以内の腰痛のことをさします。

代表的な症状ですとギックリ腰は急性腰痛にあたります。

炎症が強く、ある程度安静にする期間は必要になる状態です。

この期間に痛みがある腰を施術すると、

傷口に塩を塗るように症状が悪化するため注意が必要です。

 

亜急性腰痛

急性腰痛の次の段階になります。

4週間以上3ヵ月未満の時期を指します。

急性腰痛をしっかり施術しないと腰痛は長引いてしまいます。

 

慢性腰痛

3ヵ月以上経過しても痛みがある状態を慢性腰痛と言います。

日常的に腰に負担のかかる状態が続いてしまうと痛みは引かず、

ギックリ腰も繰り返しやすくなります。

 

腰痛は良くなるの?

oshio1

腰痛の種類

結論から言いますと腰痛は良くなります。

しかし腰痛にも色々な種類があります。大きく分けて2種類に分けられ、

①原因がわかる腰痛 

②原因が分からない腰痛

に分かれています。

 

①については腫瘍や感染、外傷、症状名と言うと、

椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症、腰椎すべり症などの疾患になります。

そして多くの方がお悩みになられる腰痛は②の方が多いです。

レントゲンやMRIを撮っても特に異常はなく、

痛み止めや湿布で対処している方が多いのではないでしょうか?

 

そこで今回は②原因の分からない腰痛に対し、

ご自宅で出来るセルフケアをお伝えしたいと思います。

 

慢性腰痛のセルフケア

原因の分からない腰痛の原因として多いのが筋肉による痛みです。

腰に力を入れることは少ないのにと思われる方も多いと思いますが、

日常的な姿勢で無意識に腰に力を入れてしまっているケースが多いです。

共通して見られる姿勢として、反り腰と言う腰を反って立っていたり、

座っている方が多く見られています。

姿勢を正しく、真っすぐにと意識するあまり無理に腰を反ってしまい、

腰に負担を助長させています。

この反り腰の原因は骨盤が前に倒れてしまっているからです。

骨盤姿勢を改善することが腰痛改善に繋がるため、ほぐしてほしい3つの部位を紹介します。

 

①太ももの前の筋肉をほぐす

太ももの前に筋肉は骨盤から膝に繋がる筋肉になります。

この筋肉の硬さが骨盤を前に倒す原因にもなっているため、しっかりほぐしましょう。

 

②お尻の筋肉をほぐす

骨盤が前に倒れることでお尻の筋肉は伸ばされ、

お尻の筋肉に連動し腰の筋肉も伸ばされてしまいます。

筋肉は伸ばされることでストレスを感じやすく痛みに繋がりやすい為、

お尻の筋肉も緩ませましょう。

 

③ふくらはぎの筋肉をほぐす

ふくらはぎの筋肉は腰の筋肉と筋膜と言われる膜で覆われています。

そのため、ふくらはぎの筋肉の硬さが腰の筋肉にも伝わり硬くしてしまいます。

ふくらはぎもしっかりほぐしましょう。

それぞれほぐす時間は30秒ほどでOKです。

長い時間や強い力で筋肉をほぐしてしまうとかえって逆効果になるので注意が必要です。

 

最後に

いかがだったでしょうか? JITANBODY整体院では、原因の分からない腰痛にも対応し、

原因となっている箇所を分かりやすく説明し、根本的に良くしていくお手伝いをしています。

 

腰痛でのお悩みの方は是非、一度お越しください!

 

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

 

「JITAN BODY整体院 スマイルホテル東京綾瀬駅前院」 PAGETOP